ホーム情報の取扱についてNEWS関連リンク集サイトマップお問い合わせ

ホーム > グローバル若手研究者フロンティア研究拠点 - ビジョン・ミッション

English

グローバル若手研究者フロンティア研究拠点

 

文部科学省 科学技術人材育成費補助金

テニュアトラック普及・定着事業

「グローバル若手研究者フロンティア研究拠点」

本研究拠点「グローバル若手研究者フロンティア研究拠点」の構想は、

(1)国際的・社会的にグローバルに評価される優秀な教員の確保

(2)研究教育に挑戦的で次代を担い、組織運営においてもリーダーとなる教員の育成

(3)大学にとって重要分野の強化や育成につながる戦略的人事の達成

の3つを目的として、工学研究科に「グローバル若手研究者フロンティア研究拠点」を設置し、そこに「若手育成委員会」の指導による効率的な支援組織を創設し、「特別キャリアパス」を運用します。

概要

若手研究者に対する特別キャリアパス(テニュアトラックコース)を設置し、毎年5名程度採用
工学研究科長直轄による戦略的人員配置によって、重要分野の強化や新分野の創立など、教育研究組織のスクラップアンドビルド
 
工学研究科のリーダー育成対象たる若手研究者を世界から公募
採用審査・評価は、半数の外部委員を含む若手育成委員会で厳格に実施。研究能力の判定は外国の専門家の意見も参照
 
講師または助教として任期5年で採用し、5年目に実施される審査に合格すれば上位職(准教授又は講師)に昇進
 
教育活動は専攻と協力

 

 

部門概要
推進プロジェクト
グローバル若手研究者フロンティア研究拠点
イベント案内
センター利用の方へ
アクセス