ホーム情報の取扱についてNEWS関連リンク集サイトマップお問い合わせ

ホーム > 推進プロジェクト - 意識改革活動 > 学生チャレンジプロジェクト > H22年度採択テーマ

学生チャレンジプロジェクト H22年度採択テーマ

学生推進プロジェクト

空いけ阪大(読売テレビ主催 鳥人間コンテストへの挑戦)
代表者 応用理工学科 吉原 剛志
鳥人間コンテストに出場し、優勝を目指す。第33回大会では、滑空機部門で35mの記録を残す。

専用サイト(外部リンク)

 

全日本学生フォーミュラ大会(自動車技術会主催)総合優勝への挑戦
代表者 機械工学専攻 奥西 晋一
全日本学生フォーミュラ大会に参戦し、念願の総合優勝を果たす。

専用サイト(外部リンク)

2010年度活動報告はこちら<pdf 415KB>

学生チャレンジプロジェクト

菌体マイクロマシン創成〜国際合成生物学コンテストiGEMに挑戦〜
代表者 応用自然学科 角田 紗也
アメリカ・マサチューセッツ工科大学で開催されるiGEM(International Genetically Engineered Machine Competition)に参戦、優勝を目指す。
2010年度大会では、「environment」部門にエントリーし、「Continuous Greening Cycle(持続的緑化サイクル)」というテーマで銅賞を受賞した。

 

MOK-UPチャレンジ(木構造による模型製作「休憩所」)
代表者 地球総合工学専攻 岸本 美季
木構造(moku)による実物大の模型製作を実施する。
「休憩所」というテーマを設定し、建築の一連の流れを実現する。

専用サイト(外部リンク)

 

Robohan(NHKロボコンへの挑戦)
代表者 応用理工学科 西 聖二
NHK大学ロボコンに参戦、優勝を目指す。
2010年度大会においては、本戦出場を果たしたが、残念ながら予選敗退。

専用サイト(外部リンク)

 

空から阪大を見てみよう
代表者 電子情報工学科 江草 陽太
高い安定性と操縦性を持った無線で遠隔操作するプロペラ式垂直離着陸機の開発を目指す。

奨励テーマ

こどものための居場所ツールの製作-佐竹台スマイルプロジェクトを通して-
代表者 地球総合工学専攻 吉田 甫
吹田市の地域交流室「おひさまルーム」の活用に関する家具・本棚等の検討および製作。

 

電電むし(睡眠サイクルを実生活に応用する)
代表者 電子情報工学科 高橋 慧智
睡眠の深さ・サイクル値を基にした快適な目覚めを促す目覚まし時計の製作。

 

学生フォーミュラ国際大会への挑戦
代表者 機械工学専攻 奥西 晋一
学生フォーミュラ大会の海外大会(オーストラリア)に参戦する。

 

部門概要
推進プロジェクト
グローバル若手研究者フロンティア研究拠点
イベント案内
センター利用の方へ
アクセス