ホーム情報の取扱についてNEWS関連リンク集サイトマップお問い合わせ

ホーム > 推進プロジェクト - 意識改革活動 > 学生チャレンジプロジェクト > H21年度採択テーマ

学生チャレンジプロジェクト H21年度採択テーマ

学生推進プロジェクト

空いけ阪大(読売テレビ主催 鳥人間コンテストへの挑戦)
代表者 応用理工学科 安部 達

専用サイト(外部リンク)

(主催者の都合により、21年度は開催中止、22年度は開催の予定)

 

全日本学生フォーミュラ大会(自動車技術会主催)総合優勝への挑戦
代表者 知能機能創成工学専攻 池内 祥人
全日本学生フォーミュラ大会に参戦し、総合優勝が目標。H21年9月におこなわれた第6回学生フォーミュラ大会においては、総合4位(エントリー80チーム)という結果を残す。

専用サイト(外部リンク)

2009年度活動報告はこちら<pdf 270KB>

学生チャレンジプロジェクト

佐川町の子供達に工学を体験してもらおう!
代表者 応用理工学科 久掘 拓人
高知県佐川町の小学生を対象に、学生が製作したフォーミュラーカー、ロボット等の展示および身近な道具で感じることのできる科学の体験実習を行う。

 

iCAN(International Contest of Applications in Nano/Micro Technologies)出場
〜MEMSデバイスを用いた独創的なアプリケーションを作製する〜
代表者 機械工学専攻 勝田 真登
H21年から開催される学生の国際コンテストに出場、優勝することが目標。
MEMSデバイスを用いて、スポーツトレーニングデバイス「Swing Coach」を製作する。

 

学生によるオープンキャンパス「サタデーランチ」
代表者 応用化学専攻 神原 將
通常のオープンキャンパスなどとは異なり、学生主導で少人数の高校生に阪大生の普段の生活や学内の様子を紹介するイベントを年に数回開催する。

専用サイト(内部リンク)

 

MOK-UPチャレンジ (木構造による模型製作「公園の遊具」)
代表者 地球総合工学専攻 岸本 美季
木構造(moku)による実物大の模型製作を実施する。
「公園の遊具」というテーマを設定し、建築の一連の流れを実現する。

 

部門概要
推進プロジェクト
グローバル若手研究者フロンティア研究拠点
イベント案内
センター利用の方へ
アクセス