ホーム情報の取扱についてNEWS関連リンク集サイトマップお問い合わせ

ホーム > 推進プロジェクト - 意識改革活動 > 学生チャレンジプロジェクト > H19年度採択テーマ

学生チャレンジプロジェクト H19年度採択テーマ

挑戦的ロボット開発によるマイクロマウス全国大会エキスパートクラスへの参加
代表者 小林 初美  (電気電子情報工学専攻 M2) メンバー 4名
茨城県つくば市で開催されるマイクロマウス2007(第28回全日本マイクロマウス大会)のエキスパートクラスに参戦、上位入賞が目標。今回初めての出場を果たす。 迷路探索アルゴリズム、信号処理回路の製作・高度化で、高速化および安定走行の向上を図る。

 

NHKロボコンで優勝して、世界大会へ行こう!
代表者 林 俊成  (応用理工学科 B4) メンバー4名
NHK大学ロボコンへの出場および優勝が目標。
2007年6月に行われた「NHKロボコン」に初応募、初出場(21チーム(応募73チーム))を果たす。
大会本番時に思い通りに作動できなかった点を検証し、電子回路における基礎的技術の向上を図る。

専用サイト(外部リンク)

 

空いけ阪大
代表者 大西 亮介 (応用理工学科 B2) メンバー5名
琵琶湖で開催される「鳥人間コンテスト」滑空機部門(フォーミュラクラス)参加と上位入賞が目標。
2007年大会では、試みたダオスシステムが評価され、「審査員特別賞」を受賞した。
「無尾翼」という機体にこだわり、また、新たな挑戦を恐れず、新材料(航空ベニヤ)を積極的取り入れて製作する。

専用サイト(外部リンク)

 

フォーミュラーカーの製作と 2008年度全日本学生フォーミュラ大会への参加
代表者 内田 翔太  (応用理工学科 B3) メンバー 5 名
全日本学生フォーミュラ大会に参戦し、上位入賞が目標。
H19年9月に行われた第5回大会においては、初めて全種目完走を果たし、13位(出場61校)という結果を残す。
次大会に向け、直列4気筒エンジン搭載、車両全体の設計向上で完成度を高める。また、走行会の実施を増やし、分析・実験を行う。

専用サイト(外部リンク)

 

あなたの命を守る光 〜 ECO(Easy Cycle From Osaka Univ.)ライト〜
代表者 依藤 光代  (地球総合工学専攻 M1) メンバー5名
後方から迫る自動車や他の自転車に注意を呼びかけるため、自転車に装着する新たなテールランプおよびブレーキランプの開発を試みる。
走行時に電磁誘導で発生させた電気で、テールランプを点滅させると同時に一部の電力をコンデンサーに蓄える。蓄えた電力で、ブレーキを引いた際にブレーキランプをより明るく光らせ、後方に注意を喚起する。

 

部門概要
推進プロジェクト
グローバル若手研究者フロンティア研究拠点
イベント案内
センター利用の方へ
アクセス